未来を切り開く We Clear a path for one’ s own future!

求められる素材のニーズ

このように20年後には国内だけで現在の約5倍に伸びてくるロボット市場ですが、すでに現在でも多数の自動機・専用機といわれる産業ロボットがひろがっており、これらの機械部品のなかでも、その機能を左右する重要部品には高強度、高耐食、高精度のハードンプレートが積極的に使用されています。
この産業用ロボットは、主に自動車・電子電気・化学・機械などの分野に利用されており、作業別でハンドリングや溶接、組立などが主流ですが、今後は分野も用途もさらに付加価値の高い分野に大きく展開していくと予想されます。

世界の産業用ロボット利用分野

求められる素材のニーズ

より硬く、より薄く、より環境に強い、より高精度

繰り返し摩耗摺動するレール類やスライダー、アーム、および製品が接触するベースや高寿命や切れ味を左右する刃物類など、高強度・高靭性材のニーズは高まってきます

省スペース化や軽量化が必須になってくるなか、すでに0.1~0.2mmの納入があります。極薄化は軽量化のみならず積層して機能性部品になるなど様々理由があります。

医療、食品、環境システムなど様々な分野で活躍するロボットには高耐食や耐熱といったニーズがますます高まってきます。メンテ不要にも寄与します。

高硬度・薄板でも平面度が良くない、また板厚精度にバラツキがあると用途を満たさないなどこれら3つのバランスは必須条件です。

メカ用ハードンプレート特性

上記の材料ニーズに加え、メカ用ハードンプレートがもつ、様々な特性メリットをご紹介いたします。

メリット01
高硬度

熱処理材なので~ 67HRC 程度までの硬度に対応。高強度、耐摩耗性に優れています。

メリット02
耐熱・耐コーティング

焼き戻し温度が550℃のものもあり、耐熱性とコーティングなどでの変形が少ないです。

メリット03
高精度

熱処理・研削済なので、±0.001mm程度の平行、平面度が実現できます。

メリット04
サイズ

極薄から厚板まで、異形状も含めて種々サイズに対応いたします。

メリット05
材種選定可能

金型用鋼なので、高耐食、耐衝撃、高靭性など用途に合わせた選択可能です。

メリット06
耐食性

金型・モールド用材料の特性を活かして多くのバリエーションがあります。

ご不明点な点やご要望はこちらまで

本社:0463-93-7771 甲信越:055-280-0051
(営業時間:8:30~17:30)