未来を切り開く We Clear a path for one’ s own future!

求められる素材のニーズ

高強度部材には様々なものがありますが、従来一般的には炭素鋼焼き入れやステンレスバネ鋼などが採用されてきました。ロボットに求められるニーズの多様化や高いパフォーマンスの為、近年ハードンプレートや超硬が急拡大しています。それぞれの材料の特性や長所、短所を捉えて、適材適所に使用することと加工技術の組み合わせで、可能性は無限に広がっていきます。

メカ用ハードンプレート特性

上記の材料ニーズに加え、メカ用ハードンプレートがもつ様々な特性メリットをご紹介いたします。

材質群 材料名称 特徴 長所 短所 用途
炭素鋼 SKシム材 SK焼入れ鋼。炭素鋼焼入れ鋼。対応板厚が0.1~2.0mm程度。 比較的安価 硬度のバラツキ(45~55HRC)とリロール材なので板厚不安定。
  • シム材
  • サイドレールなど
ステンレスバネ鋼 SUS304
CSP
SUS304のリロール非焼鈍材。強圧下して硬度を出したもの。対応板厚が~2.0mm程度 耐食性あり。 入手が比較的容易。 対応硬度低い(39HRC程度)。リロール材なので板厚不安定。
  • シム材
  • 耐食部材
納入硬度40HRC程度のプラスチック金型用鋼。 被削性が良く、鏡面磨き可能なものもある。 対応硬度低い(40HRC程度)。薄物対応困難。
  • プラスチック金型
  • 試作部材
  • 機械部品
代表的な金型用鋼。 耐摩耗性が大(58~60HRC)。高温焼入れで熱処理歪少。様々な形状に対応しやすい。 曲げ加工等加工性良くない。
  • シム材
  • スライドレール
  • 耐摩耗部品
代表的な金型用鋼。SKD11よりも高硬度。 耐摩耗性が大(60~64HRC)。熱処理戻し温度570℃程度で後処理対応良好。 曲げ加工等加工性良くない。熱変形はSKD11より悪い。
  • コーティング部材
  • 耐摩耗部品
  • ダイ・パンチ
13cr系ステンレスプラ型鋼。 53HRCの硬度で耐食性あり。 熱変形はSKD11より悪い。
  • 耐食部材
  • プラスチック金型部品
Si添加で高硬度。(60HRC)と高耐食を有する世界唯一材。 腐食と摩耗など複合悪環境に強い。 加工性あまりよくない。
  • 高強度・高耐食部材
  • 食品プラントなど
HRA90程度の工具鋼をしのぐ高硬度材。 汎用材では最高硬度。摩耗部位には最適。 靭性、加工性がほとんどない。
  • 超耐摩耗部品
  • 高硬度パンチなど

ご不明点な点やご要望はこちらまで

お電話やFAX,メールなどでも受け付けております。
図面を添えてのご質問など可能な範囲でお答えしております。

本社:0463-93-7771 甲信越:055-280-0051
(営業時間:8:30~17:30)