製品情報

選ばれる理由は、ここにあります。
信頼のMAST ハードンプレート

There is no better choice. MAST Harden Plate, your brand of trust!

金型・モールドパーツは益々精密化・微細化が要求され、それに合わせ工作機械、工具も進化・高度化しています。
料理でいう「食材」と同じで使用材料は、それらすべてのベースとなります。
鍛造・ファイバー方向・適正熱処理、ソルトバス・超サブゼロなど用途に応じて吟味し、必要なものを必要な分だけお揃えください。
MAST ハードンプレートには、豊富なバリエーションがあります。

ハードンプレートのメリット

1日立金属の厳選された高級特殊鋼(アイソトロピー製法)を使用しています。

ハードンプレートは、「最適熱処理済の研磨プレート」の在庫即納品です。必要なものを必要な分だけお揃え下さい。

日本古来の「たたら製法」をルーツとし、その和鋼の伝統を引き継いだ日立金属株式会社の安来工場でつくられている高級特殊鋼「YSSヤスキハガネ」を使用しております。

ハードンプレートイメージ
日立金属の安来工場
日立金属の安来工場

2各鋼種に最適な熱処理(焼入れ、焼戻し)済みです。
鋼の特性を最大限に生かせます。

鋼種により、その特性を最大限に生かせる硬度領域があります。
適正な熱処理は重要要素の一つです。

ハードンプレート
SLD(SKD11) 1. TFD11L低温戻し(59-62HRC)
2. TFD11高温戻し(56-60HRC)
  • 60HRC 以上が用途で、かつWEDM 加工時の腐食などが懸念されるケースは、TFD8H(SLD8)をご検討ください。

3上下面研削加工済みで即使用(ワイヤー放電など)可能です。

上下面板厚は研削加工済なので、即使用可能です。形状取り後に仕上加工のみおこなってください。

  • レギュラーハードン等は呼び板厚に対して実厚は+0.1+0.3mm 仕上げ代をつけております。
    (例:呼び 1.0mm→実厚1.2mm)ご要求板厚公差への追加工なども承っております。
ハードンプレート
仕上代(呼び板厚と実厚)について

在庫品のハードンプレートは呼び板厚に対して実厚は+0.1~+0.3mm仕上げ代をつけております。
(例1.0mm→1.2mm程度)
ワイヤー放電加工などの形状取り後、仕上研削(代)を想定しております。

平面度について

使用勝手を大きく左右するのは、平面度です。研削加工にて平面度(反り、ねじれ)が良好であれば、平行度(板厚のバラツキ)は、ほとんどありません。板厚ごとに平面度品質保証値は、明記しております。
特注製作などで、平面度基準値のご要望があれば、ご相談ください。

4現品に品名とファイバー方向を表示しています。

現物のコーナーに品名を表示しております(深さ0.01mm程度のエッチングなので使用に問題ありません)。使用途中でも鋼種識別可能です(出荷時の防錆紙にて保管ください)。
高精度が要求されるパーツについては、ファイバー方向にあわせてご使用いただきますと、寿命延長・強度アップなどよりメリットがあります。

コーナーには品名、中央にはファイバー方向をエッチング
コーナーには品名、中央にはファイバー方向をエッチング
ファイバー方向について

寿命(欠け、折れ、磨耗…)向上と加工性(反り)に大きな影響を与えるファクターです。 在庫品の現品にファイバー方向を明示しております。

pro_spe_img14

5全13鋼種、400種類以上(日立金属材のみ)の豊富なバリエーションで、 さまざまなニーズにお応えします。

鋼種は13 種類(日立金属のみ)、0.3~100mm 厚まで、300×300 まで、在庫は全部で400 種類以上取り揃えております。
半製品(21 鋼種)も含め、さまざまなニーズに対応致します。
幅広いニーズにお応えできることはもとより、寿命向上の為の試作トライなどジャストインタイムでスピーディーな対応が可能です。

ハードンプレート
異材防止のためのラベル・マーキング

鋼種ごとに色分けした製品シールで識別した上に、現品にもコーナーに製品名マーキングを施しております。徹底した異材防止策で貴社のユーザーの信用・信頼も満足していただけます。

トレーサビリティ対応

加えて、ハードンプレート1枚ずつの防錆紙にロットNo.を明記しております。製鋼No.や硬度データ等の履歴にいつでも戻ることが可能です。
万全のトレーサビリティでご安心いただけます。